#サービスデザイン#Webサイト制作#グロース

MOCHICOM サービスデザイン

Business Partner
株式会社ナンバーファイブ
Year
2018.04-
Role
サービス設計
Webサイト制作
グロース活動
サービス名設計
サービスロゴ制作
サービス運営支援
集客支援
Description
お部屋をモチコム賃貸サービス「MOCHICOM」のサービスデザイン、VI・Webサイト構築、及び成長支援を行なっています。

提供・運営:株式会社ナンバーファイブ

不動産仲介業を行う株式会社ナンバーファイブとの協創プロジェクトである、物件持ち込み型の賃貸サービスMOCHICOM(モチコム)のサービス開発と、VI・Webサイト構築、成長支援を行なっています。
MOCHICOM(モチコム)はユーザーに他の不動産サイトで見つけた気に入った物件を持ち込んでもらい、内見と契約を行う賃貸サービスです。
2018年12月のリリースから2年あまりで持ち込み物件数は1万5,000件を突破。大きな反響を呼んでいます。

サービス立ち上げの背景

それまでナンバーファイブ社では物件サイトを運営し集客を行なっていましたが、物件の更新業務の負荷が高いことが問題となっており、物件サイトに依存しない集客方法を検討していました。そこで当社に相談いただき、新しいサービスを企画していきました。

ユーザーへのヒアリングとナンバーファイブ社からの業者視点でのヒアリングから始めましたが、従来の不動産賃貸サービスに対し以下のような課題が見えてきました。

お部屋の提案の精度や対応に対する不満

ユーザーから見ると、不動産会社のお部屋の提案の精度が低いという不満や急に提案がこなくなるといった営業パーソンの対応に対する不満がありました。営業サイドから見ると効率を追求せざるを得ませんのでどうしてもこうした問題は起きやすいのですがお互いにとって大きな問題です。

おとり物件に対する嫌悪感

おとり物件、つまり実際には埋まっている魅力的な部屋をフックに来店、問い合わせさせるやり方に対する大きな不満も見られました。
運営サイドから見ると物件情報は常に動いており更新が追いつかない部分もありますが、消費者からの嫌悪感は相当なものでした。

手数料構造にも絡む、お客様対応に対する問題点

これはユーザーには見えていない問題点かもしれませんが、手数料構造に絡む問題点もありました。簡単に言うと不動産会社側の利益が大きい物件と小さい物件が存在するために、利益が大きい物件が優先されがちな状況にあるということです。

サービスコンセプトの検討

これらの課題を意識しながら、新しい賃貸サービスについてアイデアを出していきました。
ユーザー側の不満や達成したいゴールと、運営側としての問題や達成したいゴールの両方の側面で考えていきましたが、我々はあるユーザーの新しい行動に着目しました。
物件を自分で探して不動産屋に連絡して仲介をお願いしている、という行動です。

ユーザーの新しい行動と裏にある心理を軸に設計

実際、昔とは違い、流通しているほとんどのお部屋を不動産ポータルなどで簡単に探すことができますし、検索機能なども業者のものとそう変わりはありません。
消費者のほうが物件の更新情報をいちはやくキャッチしている、ということもよくあることです。

他の課題の解決ともうまくつながりそうであったため、この行動や行動の裏にある心理に沿ったコンセプトでサービス設計を行っていきました。

サービスのコミュニケーション部分となるコピーやワーディングを作成していきましたが、簡易な検証とビジネス的視点での検証を加えていき最終的に以下のようなコンセプトとしました。

サービスの人格に沿ったデザイン/VI設計

コンセプトが決まったところでデザインの設計を行なっていきました。
サービスの人格としては合理的でシンプルといったものですが、この人格がターゲット層からの共感を得られやすいデザインを検討していき、いくつかの選択肢のうち軽快でノリの良い印象のデザインを採用しました。

サービス名についても並行して検討していきましたが、サービスの特徴である「物件を持ち込むスタイル」の部分をシンプルに表現したMOCHICOM(モチコム)としました。

反響ゼロ状態から改修を加え一気に反響増加

そしてデザインを作成し、β版としてリリースしました。
β版リリース直後は反響がほとんどなかったものの、リリース後に見えてきた仮説をもとに改修を続け、あるひとつの仮説に対し施策を打った直後から一気に反響が増え始めました。

営業サイドからの顧客の反応についてのフィードバックを逐一取り込みながら検証と改修を加えていくことでさらに反響が増加。
逆に反響が増えすぎてしまったため、営業やオペレーション効率化のためのルール変更も行いながら、Webサイト側のワーディング・デザインのチューニングを続けていきました。
そして、改修が落ち着いたタイミングでWebサイトのデザインを全面刷新し正式版としてリリースしました。

β版リリースから2年あまりで持ち込み物件数も1万5,000件を超え、著名人や感度の高い層にクチコミで広がるなど人気のサービスとして成長しました。

Planning,Growth,Writing
大塚 啓二
Planning,Art Direction,Design
阿形 直之
Markup,Coding
Maruko Ogu / EXELLEX Inc.

当社の実績に興味を持っていただける方のご連絡をお待ちしています。