WORKS

旅行予約サイトの競合サイト比較分析業務

調査・分析

旅行予約サイト全面リニューアルに向けたプロジェクトにおいて、スマホサイトのUI・情報設計部分の調査・評価を担当しました。

CLIENT:
大手旅行会社様
DATE:
2016.10

OUTLINE

旅行予約サイト全面リニューアルに向けたプロジェクトにおいて、スマホサイトのUI、情報設計部分の競合サイト分析(調査・評価)を行いました。
当社のパートは競合サイト分析でしたが、プロジェクト全体としてはアクセス解析、ユーザーリサーチも行いました。

ROLE

  • エキスパートレビュー/認知的ウォークスルー評価
  • 競合サイト分析(調査・評価)

現状の課題抽出だけではなく、理想的な状態を導き出す

今回は、リニューアルの方向性を提示することが目的であるため、現状の課題抽出だけではなく、理想的な状態を導き出すことを目的に、調査の方法を検討しました。

これまで旅行サイトの分析業務や構築業務とも多数対応してきましたので、これまでの経験をもとにすぐに調査設計を行い調査を開始しました。

認知的ウォークスルーにより競合サイトも含めて調査

調査の手法としては、複数の専門家が以下のようなユーザーの利用シーンで、サイトを使っていく認知的ウォークスルーの手法を中心に行いました。競合サービスについても同様の手法で調査しました。

ユーザーの利用シーンの設定の例:

  • ・日付が決まってる、決まってない(これから日程調整)
  • ・出発時間が決まってる、決まっていない
  • ・行き先が決まってる決まっていない
  • ・宿泊先の場所が決まってる決まってない
  • ・検討初期段階、中期、申し込み時
  • ・利用人数、ファミリー利用、ビジネス利用

上記のような利用シーンをイメージしてそれぞれサイトを利用しながら、ユーザーの行動や思考の流れを想定しながら状況を整理しました。
利用シーンをイメージし、その状況のユーザーになりきることにより、見え方も大きく変わり課題も発見しやすいため有効な調査方法です。

競合サービスの情報設計、UIを比較

ウォークスルー調査とは別に、競合サイトの情報設計、UIの比較・分析も行いました。
競合各社を比較することで、考え方や狙いの違いが見えてきますので、理想的なUIやフローを検討する上で重要な資料となります。

例えば、競合各社の入力フローや画面構成には考え方の違いが大きく表れます。
画面の分割方法、宿とプランの扱い、検索と絞り込みに対する考え方、乗物の選択タイミング、会員登録/認証を挟むタイミングなど、各社とも考え方が違います。
それらの違いがユーザーの購買活動にどう影響を与えるかを分析し、整理しました。

商品の検索のUIについては、ちょっとしたUIの違い、項目の整理の仕方によって印象が大きく変わりますので、そういった点についても競合サイトの状況を細かく分析して整理しました。