SERVICE

Webサイト/サービス制作

Webサイト/サービス制作の代表的なフローをご紹介します。
企業紹介、事業紹介が目的のコーポレートサイトというより、何らかのサービスを提供するWebサイト/サービスサイトを制作するプロジェクトのフローをご紹介します。

  • 01

    • - エキスパートレビュー
    • - 簡易ユーザーリサーチ
    • - アクセス解析
    • - 仮説出し
  • 02

    • - コンセプト設計(誰に何をどう届けるか)
    • - KPI設定
  • 03

    • - ストラクチャー設計
    • - ワイヤフレーム制作
    • - デザイン設計・制作
  • 04

    • - HTML基本設計
    • - HTML作業
    • - アニメーション、インタラクション実装

01

  • エキスパートレビュー
  • 簡易ユーザーリサーチ
  • アクセス解析
  • 仮説出し

現状のサイトを簡易にエキスパートレビュー、ユーザーリサーチをするところから始めます。他サービスもリサーチしたり、口コミなども見ながら理解を深めていきます。

アクセス状況も見ていきますが、特に以下のような部分を探ります。
・どんな状況の人が何を目的として訪問していると考えられるか。
・ユーザーの課題や困っていることは何だと考えられるか。
・ユーザーが目的を達成できていると考えられる部分とそうでない部分。

数字の状況と、他のリサーチから得られる仮説がうまくリンクする場合もあるので、最初だけでなく継続的に確認します。

上記について、クライアント側で持っている情報もヒアリングしていきます。カスタマーセンターに寄せられている声や直接顧客と接している人へのヒアリングも行います。
また、ビジネスの側面でのヒアリングも行います。収益構造やビジネス的な課題、今後の狙いについてヒアリングで確認します。

これらの結果を踏まえ、どんなユーザーがどういった利用シーンでサービスを利用しているのか、それらのユーザーの本来的な目的や課題、不満などを想定していきます。

調査の深さについては、予算感やスケジュールにもよりますが、簡易な調査で良いと考えます。

02

  • コンセプト設計(誰に何をどう届けるか)
  • KPI設定

step01で行ったことをベースに、コンセプトを設計していきます。
クライアント側ですでに検討が進んでいる場合もありますので、その場合はクライアントが考えるコンセプトの精度をあげたり、そのコンセプトがユーザーにとってどう捉えられるのか、検証を行います。
コンセプト検証とあわせて、どんなコンテンツでどうコミュニケーションをしていくかも検討していきます。

その上で、KPIの設定、及び、KPI達成のための間接的な目標の設定を行います。
計測ポイント、計測方法や評価方法なども合わせて設計していきます。

03

  • ストラクチャー設計
  • ワイヤフレーム制作
  • デザイン設計・制作

精度の高いワイヤーフレームを作成した上で、ディスカッションを行います。
ディスカッションの際には、認知的ウォークスルー調査の観点も踏まえ、いくつかのユーザーの状況や心理状態に沿ってクライアントと確認していき、クライアントの想定とユーザーのギャップを探っていきます。

その上で、再度、誰にどういったコミュニケーションをしていくのか、といった部分や、コンセプトをサイト全体としてうまくカタチにするにはどうすべきかを考えながらワイヤーフレーム/デザインを修正していきます

正式なデザインについては別途検討を重ねていき、適宜、正式なデザインを適用していきます。

新規性の高いビジネスの場合、サービスのメリットがうまく伝わらないことが多いため、体験としての価値がユーザーにピンと来るかどうか、が重要と考えます。
メッセージなどの言葉の選び方については、どの部分をどう伝えるかを吟味します。また、Webサイトの構造やサービス自体が、コンセプトに直結したかたちになっていることも重要ですので、その点を考えながら設計、デザインしていきます。

04

  • HTML基本設計
  • HTML作業
  • アニメーション、インタラクション実装

HTMLの基本部分を設計し確認を行います。HTMLで見ると印象が変わる部分もありますので、この段階でチェックを行います。

アニメーションや、動きのあるインタラクションも取り入れますが、KPI達成のために効果的と考えられるものや、操作感としての心地よさを与えるために実装します。
優先する導線を引き立たせるような目的であったり、目線の動きを誘導する目的であったり、何らかのアクションにつながるような目的のものになります。

以上、Webサイト制作の流れの例をご紹介させていただきました。
Webサイトの役割や目的、クライアントの状況やご要望によっても変わりますが、Webサイト制作は上記のような考え方、流れで行います。

プロジェクト事例:楽天証券 スマホビジターサイト構築