MOCHICOM SERVICE DESIGN

JOINT PROJECT   /   PLANNING   /
   BRANDING   /   WEB DESIGNING   /   GROWTH HACK

お部屋を「モチコム」賃貸サービスMOCHICOMの
サービスデザイン、CI・Webデザイン、改善業務

提供・運営:株式会社ナンバーファイブ

不動産仲介業を行う株式会社ナンバーファイブとの共同事業として、セルフ型のシンプルかつ低コストな賃貸サービスMOCHICOMを運営しています。

MOCHICOMは物件の提案部分のサービスを省き、内見や契約部分などのサービスに絞った賃貸サービスです。
物件提案部分の省力化により、仲介手数料も0円or 2万(税込み)という業界最低水準、かつ、その他の費用などや条件なども一切ないシンプルな手数料体系を実現しました。

ヒカリナでは、当初のプランニングから、CI・Webデザインやコピーライティングなどのクリエイティブ、仮説検証・改善業務、集客施策企画・実施などを担当しています。

2018年4月にベータ版をリリースし、いくつかのサービス改修を行ったのち、12月に正式版をリリース。
ベータ版リリース当初から大きな反響を呼んでいます。
Visit Website

PROJECT STORY

従来の不動産賃貸サービスにおいては、以下の3つの気づきと課題が見えていました。

  • 01 不動産ポータルサイトなどで自分で物件を探す人が多い(不動産会社からの提案に納得ができず最終的には自分で探すという状況も含む)

    最近では、流通しているほとんどのお部屋を、スマホなどで簡単に探すことができます。ネットに掲載されている情報と不動産会社が持っている情報ではそう大きく違いませんし、消費者のほうが物件の更新情報をいちはやくキャッチしている、ということもよくあるようです。

  • 02 おとり物件掲載の問題と、消費者側の嫌悪感

    また、消費者の不満として多いのがおとり物件の問題です。実際には埋まっている魅力的な部屋を掲載し来店させておいて他の部屋を提案されることに対する不満です。
    物件情報は常に動いていますので仕方がない部分もあるのは事実ですが、消費者からの嫌悪感は大きなものがあります。

  • 03 手数料構造にも絡む、お客様対応に対する問題点

    もう一つは、手数料構造に絡む問題点です。簡単に言うと、不動産会社側の利益が大きい物件と小さい物件が存在することに絡む問題点です。
    具体的には書けませんが、利益が大きい物件が優先されがちな状況にあるということです。

われわれは、これらの3つの視点を持ったうえで、賃貸サービスのリデザインを行うべく、企画・検討を開始。

自分で探す派の人にターゲットを絞ることにより、業務効率化を図るとともに、おとり物件の問題を回避。
また、手数料に絡む問題点をシンプルなルールで解決しました。
さらには、物件提案を行わないことで低コストも実現。低コストで明快なサービスとして打ち出すことを狙いました。

OUT SOLUTIONS

01
BREAKTHROUGH
お部屋をお客様に
持ち込んでもらう
02
LOW COST
仲介手数料を
最安水準に
03
HONESTY
持ち込み式だから
おとり物件はゼロ

そして、上記の狙いを最大限に活かせるよう、デザイン・CI面も検討を行いました。

合理的なサービスではあるものの問題意識が低い消費者にはやや分かりにくい可能性があることと、拡散のされやすさという点でを考え、ターゲットを感度の高いユーザーに絞ることを狙い、デザイン・CI、集客活動を展開。結果としても、狙い通りの反響、反応を獲得できており、集客面でも非常に効率が良い状況となっています。